コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小巾 こぎん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小巾
こぎん

小衣とも書く。本来は腰くらいまでの短い丈の単 (ひとえ) の仕事着をいう。「こぎん」もしくはその転訛した言葉は九州から秋田県,青森県津軽地方まである。江戸末期になって小巾の胸や肩に補強のために白の木綿糸刺子 (さしこ) にする技法が津軽地方で発達し,美しい模様刺しのこぎん刺が生れた。現在では,「こぎん」は「こぎん刺」をさすことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

小巾の関連キーワード小巾刺し小衣襁褓

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小巾の関連情報