刺(し)子(読み)サシコ

デジタル大辞泉の解説

さし‐こ【刺(し)子】

綿布を重ね合わせて一針抜きに細かく刺し縫いにすること。また、そのように縫ったもの。丈夫なので柔道着・剣道着などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

刺子【さしこ】

布地を補強するために細かく刺し縫いしたもの,またその衣服をいう。綿布を2枚以上重ねて綿糸で縫うことが多く,丈夫なので江戸時代以後主として火事装束胴着,武道のけいこ着,作業服などにされた。刺子の縫い方が模様化されたものは刺繍(ししゅう)の趣があり,津軽の小衣(こぎん)や南部の菱(ひし)刺などが知られる。なお刺子織二重織の一種で地組織の上に刺し縫いしたように織る。堅牢で装飾的なので,作業服,帯,袋物などにする。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さしこ【刺子】

表裏2枚の布を重ねて刺し縫いをしたもので,綴り縫いあるいは綴れ刺しともいわれる。本来は衣類の傷んだ個所をつくろい,補強して保温効果を高め,長もちさせるための技法であり,木綿生産に適しない東北各地,あるいは交通不便な山間地,労働条件のきびしい漁村などで,さかんに行われた。由来は明らかではないが,糞掃衣(ふんぞうえ),刺衲袈裟(しのうげさ)と呼ばれる袈裟には刺子が応用されており,また《信貴山縁起絵巻》に,主人公の聖が姉の尼公から渡された〈たい(袛)〉という衣類が〈太き糸などして厚々と細かに強げにしたれば〉と説明されていて,刺子に類するものといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺子
さしこ

布地に重ね合わせて、細かく刺し縫いにした衣服、または刺子織(刺子のように外観を似せ、浮織としたもの)でつくった衣服。もと布地を部分的にかがったり、繕ったりして補修することから始まったが、やがて破損の激しい肩・胸などの部分を初めから装飾的に補修しておくようになった。東北地方の刺しこぎんがそれで、装飾的傾向が強く押し出されたものに遠山袈裟(けさ)などがある。一般的な刺し方は、布地と同色か、あるいは反対色の刺し糸で、織物組織に沿って刺すか、斜め方角、襷(たすき)方向に刺すことが多い。刺す密度が高くなると外観上はほとんど縫取綾(あや)と変わらないようになる。現在では仕事着、剣道着、消防着などに用いられている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android