コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小手森城 おでもりじょう

1件 の用語解説(小手森城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

おでもりじょう【小手森城】

福島県二本松市(旧東和町)にあった戦国時代の山城(やまじろ)。塩松地方(中通り地方北部)を支配していた小浜城(同市小浜字下館)の大内氏の支城。同市愛宕森地区の円錐形の独立丘の山頂部に築かれていた。大内氏以前に一帯を支配していた石橋氏が四本松城(同市上長折字古館)の支城として築いたともいわれるが、築城者・築城年代は明らかではない。城の規模はそれほど大きくないが、山頂に主郭を配し、北の尾根筋に数段の曲輪(くるわ)を設けた堅固な城だった。1585年(天正13)、伊達政宗(まさむね)は大内氏の本城、小浜城を攻めるのに先立って小手森城を攻略した。政宗は城将の菊池顕綱をはじめとする城兵だけでなく、城内の女性や子どもまですべて撫で切りにしたといわれる。1588年(天正16)、同城は百目木城主の石川弾正に与えられたが、弾正は相馬義胤の誘いに乗って謀叛を起こしたことから、政宗は再び小手森城を攻めて落城させた。このとき、石川弾正は自刃した。これ以降、小手森城は史料に見られないため、その後廃城になったと考えられている。JR東北本線二本松駅からバスで大町下車。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小手森城の関連キーワード岩代国二本松市二本松城二本松菊松くんふくしま東和二本松氏奥州二本松天三光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone