コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本城(読み)ほんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本城
ほんじょう

長野県中部,筑北村南部の旧村域。筑摩山地の山間盆地にある。 1889年村制。 2005年坂北村,坂井村と合体して筑北村となった。米作,高冷地野菜の栽培,畜産が行なわれる。中心集落は西部の西条で JR篠ノ井線の西条駅がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ほんじょう【本城】

支城に対し、領主が本拠としている城。根城。
城の総構そうがまえのうちで中心的な部分の称。本丸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本城
ほんじょう

長野県中央北部、東筑摩(ひがしちくま)郡にあった旧村名(本城村(むら))。現在は筑北(ちくほく)村の中央部を占める。旧本城村は2005年(平成17)坂北(さかきた)村、坂井(さかい)村と合併し筑北村となる。犀(さい)川の支流麻績(おみ)川が筑摩山地に形成した山間盆地にあり、JR篠ノ井(しののい)線、国道143号、403号が通じる。米、ハクサイなどがおもな農産物。明治中期から大正初期にかけては付近から採掘された亜炭が諏訪(すわ)の製糸工場へ移出されて栄えたが、中央本線(現JR)の開通で常磐(じょうばん)炭が入るようになり衰微した。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の本城の言及

【城】より

…以上の諸要素を組み合わせてできる平面プランが城の縄張である。 城の種類は,立地によって平城,平山城,山城,丘城,台地城など,機能や規模によって本城,支城(出城),あるいは居城,砦(とりで)の区別があり,支城や出城の中には付城(つけじろ)(向城),陣城,繫ぎ城,番城,狼煙台(のろしだい)などがあるが,見方によって区別は一様でない。これらの区別が可能なのは中世城郭で,近世城郭は大名の居城だけとなった。…

※「本城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本城の関連情報