コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村=ウェーバー協定 こむら=ウェーバーきょうてい Komura-Weber Agreement

1件 の用語解説(小村=ウェーバー協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小村=ウェーバー協定
こむら=ウェーバーきょうてい
Komura-Weber Agreement

1896年5月 14日,ソウルにおいて日本側小村寿太郎ロシア側 K.I.ウェーバーの両公使によって調印された朝鮮問題に関する日露間の覚え書。ロシア公使館にいる朝鮮国王の還宮実現の条件として,両国軍隊の駐屯定員などを取決めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小村=ウェーバー協定の言及

【小村寿太郎】より

…翻訳局長から臨時代理公使として清国に勤務し,日清開戦の方向に動いた。三国干渉後は弁理公使として朝鮮に勤務,閔妃(びんひ)殺害事件の善後策にあたり,96年5月日露で朝鮮内政を共同監督する小村=ウェーバー協定を成立させた。外務次官,駐米・駐露公使を歴任ののち駐清公使となり,義和団事件収拾の国際会議には日本全権となった。…

※「小村=ウェーバー協定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小村=ウェーバー協定の関連キーワード加うるにソウル音楽ソウルフルウルフ賞ソウルメート海のうるおい藻ジグ ソウルソウルタワー貿易記念日ソウルイーター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone