コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小村大雲 こむら たいうん

2件 の用語解説(小村大雲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小村大雲

日本画家。島根県生。名は権三郎、字は豊文、別号は碧雲湖畔人・紫光庵主。京都に出て都路華香に師事したのち、山元春挙の画塾早苗会に入門し画法を学ぶ。文展・帝展で受賞を重ね活躍する。昭和13年(1938)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小村大雲 こむら-たいうん

1883-1938 明治-昭和時代前期の日本画家。
明治16年11月9日生まれ。都路華香(つじ-かこう),山元春挙に師事。大正元年文展で「釣日和」が3等賞,以後4年まで3等賞を連続受賞,さらに5年の「画舫」,翌年の「神風」は特選となった。13年より帝展委員。昭和13年2月20日死去。56歳。島根県出身。本名は権三郎。作品に「清風山月」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小村大雲の関連キーワード青木隆河合博之来栖七郎河野秀男瀬川章友高橋真八原口徠松原権四郎三浦第二郎山崎貞

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone