コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小板 コイタ

デジタル大辞泉の解説

こ‐いた【小板】

小さな板。板切れ。
茶室で炉が向こう切りのとき、炉と壁との間に入れる板。
茶道で、風炉(ふろ)の下に敷く板。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こいた【小板】

小さな板。
茶室で炉を向こう切りにするとき、炉縁ろぶちと壁との間に入れる板。長さは炉縁と同じで幅は6センチメートル 程度。
風炉ふろの敷板の一。九寸四方ほどで、真塗しんぬり・柿合わせ塗などとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小板の関連キーワード症候性(続発性)血小板減少性紫斑病子どもの特発性血小板減少性紫斑病ウチワヒゲムシ(団扇鬚虫)特発性血小板減少性紫斑病血小板減少性紫斑病ギムノディニウム血小板活性化因子血小板機能異常症網膜色素上皮症ケファラスピス再生不良性貧血血小板凝集反応メチルオレンジウェルホーフ病血小板減少症オスラー現象血餅収縮試験血小板増加症ココスフェアトゲカワムシ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小板の関連情報