コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林大巌 こばやし だいがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林大巌 こばやし-だいがん

1894-1976 大正-昭和時代の僧。
明治27年10月25日生まれ。浄土宗。大正10年大阪満願寺の住職となる。上宮中学校長兼理事長などをつとめ,私学教育につくす。昭和33年浄土宗宗務総長となり,37年浄土宗の東西合同を実現させた。47年知恩院副門跡(もんぜき)。昭和51年7月30日死去。81歳。山口県出身。宗教大(現大正大)卒。旧姓岡村

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林大巌の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android