コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林大巌 こばやし だいがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林大巌 こばやし-だいがん

1894-1976 大正-昭和時代の僧。
明治27年10月25日生まれ。浄土宗。大正10年大阪満願寺の住職となる。上宮中学校長兼理事長などをつとめ,私学教育につくす。昭和33年浄土宗宗務総長となり,37年浄土宗の東西合同を実現させた。47年知恩院副門跡(もんぜき)。昭和51年7月30日死去。81歳。山口県出身。宗教大(現大正大)卒。旧姓岡村

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林大巌の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android