コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林柯白 こばやし かはく

美術人名辞典の解説

小林柯白

日本画家。大阪生。名は茂雄。上京しはじめ今村紫紅、のち安田靫彦に師事する。院展で入選を重ね、同人に推挙される。京都に移住し、京都や周辺の風物に取材した風景画を能くし、京都系院展の中心的存在として活躍。また帝展、新文展にも出品した。昭和18年(1943)歿、47才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林柯白 こばやし-かはく

1896-1943 大正-昭和時代前期の日本画家。
明治29年生まれ。上京し今村紫紅(しこう),安田靫彦(ゆきひこ)にまなぶ。第5回院展で「逢坂山」が初入選。第7回以降連続入選し,大正13年堅山南風(かたやま-なんぷう)らとともに同人に推された。のち京都にうつり,京都系院展の中心となる。昭和18年11月8日死去。48歳。大阪出身。本名は茂雄。作品に「道頓堀(どうとんぼり)の夜」「八瀬大原」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林柯白の関連キーワード森田 曠平森田曠平

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android