安田靫彦(読み)やすだ ゆきひこ

美術人名辞典の解説

安田靫彦

日本画家。東京生。名は新三郎。岡倉天心小堀鞆音に師事する。紅児会を結成、また日本美術院の再興に参加し、新日本画の開拓に尽くす。大和絵を基礎に、歴史に題材を求めた高雅で洗練された画風を示した。良寛風の能書家としても知られる。芸術院会員。文化勲章受章。昭和53年(1978)歿、94才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

安田靫彦【やすだゆきひこ】

日本画家。東京日本橋生れ。本名新三郎。小堀鞆音の門に入り,1898年同門の有志と研究団体紫光会(のち今村紫紅らが参加して紅児会と改称)を組織,新日本画の開拓に尽力。おもに文展に発表して認められ,1914年再興日本美術院の同人,1935年帝国美術院会員となった。優美な線描と典雅な色彩を特徴とする新古典主義的画境を開拓し,日本,中国の古代に材を取った歴史画を多く描いているが,そこには古代史への深い造詣がうかがわれる。代表作《御産の祷》《王昭君》など。1948年文化勲章。
→関連項目岩橋英遠小倉遊亀小林古径前田青邨横山大観

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安田靫彦 やすだ-ゆきひこ

1884-1978 明治-昭和時代の日本画家。
明治17年2月16日生まれ。小堀鞆音(ともと)に入門し,紫紅会(のちの紅児会)を結成。文展出品の「夢殿」で注目される。大正3年日本美術院の再興に参加。以後,歴史画を中心に新古典主義とよばれる高雅な画風の作品を院展などに発表。東京美術学校(のち東京芸大)教授。昭和23年文化勲章。昭和53年4月29日死去。94歳。東京出身。本名は新三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

安田靫彦

1884〜1978(明治17年〜昭和53年)【日本画家】歴史画の傑作を残す。 「飛鳥の春の額田王」は、日本画写実の一つの頂点。大正・昭和期の日本画家。東京都出身。本名新三郎。14歳で小堀鞆音(ともと)に師事。門下生と結成した紫紅会を、1901年(明治34)紅児会に改称して東京美術学校中退。1914年(大正3)日本美術院再興に参加。日本画の伝統的技法とモダンなスタイルで歴史画の傑作を残した。帝国美術院会長、東京美術学校教授。法隆寺金堂壁画模写、同再現模写を監修。作品「風神雷神」「飛鳥の春の額田王」。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やすだゆきひこ【安田靫彦】

1884‐1978(明治17‐昭和53)
日本画家。本名新三郎。東京日本橋に生まれる。生家は江戸時代から続いた〈百尺〉という料亭。生来身体が弱く小学校高等科三年で退学。1897年法隆寺壁画の模写や横山大観,下村観山,小堀鞆音(ともね)らの作品に接して感激し,画家になろうと決心した。14歳で大和絵の小堀鞆音(1864‐1931)の門に入る。雅号靫彦は鞆音の師川崎千虎がつけた。98年同門の磯田長秋,小山栄達らと紫紅会を結成し,2年後今村紫紅が加わり,名称を紅児会と改める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やすだゆきひこ【安田靫彦】

1884~1978) 日本画家。東京生まれ。本名は新三郎。小堀鞆音ともねに師事。同門の仲間と紫紅会(のち紅児会)を結成し活躍。晩年まで院展を中心に格調の高い歴史画を描いた。代表作「王昭君」「黄瀬川の陣」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安田靫彦
やすだゆきひこ

[生]1884.2.16. 東京
[没]1978.4.29. 神奈川,大磯
日本画家。本名は新三郎。 1898年小堀鞆音に師事,同年 14歳で日本美術院展に出品。紫紅会 (のちの紅児会 ) を結成,今村紫紅らと研鑽を積み,新日本画運動を推進した。初期文展でも活躍したが,1914年日本美術院再興にあたって同人となり,以後は院展発展のために尽した。歴史画にすぐれ,やまと絵を基礎とした高雅で洗練された新古典主義と呼ばれる画風を展開。古美術についても造詣が深く,また良寛の筆跡を世に宣揚した。帝室技芸員,帝国芸術院会員,東京美術学校教授をつとめ,48年文化勲章受章。その他第2次世界大戦前および戦後を通じ,法隆寺壁画の再現事業に尽し,69年には前田青邨とともにその総監修をつとめた。主要作品『夢殿』 (1912,東京国立博物館) ,『五合庵の春』 (20,同) ,『日食』 (25,東京国立近代美術館) ,『役優婆塞 (えんのうばそく) 』 (36,群馬県立近代美術館) ,『黄瀬川陣』 (41,東京国立近代美術館) ,『王昭君』 (47) ,『鴻門会』 (55,東京国立近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安田靫彦
やすだゆきひこ
(1884―1978)

日本画家。本名新三郎。東京日本橋に生まれる。1898年(明治31)に小堀鞆音(ともと)に入門、同年仲間と紫紅(しこう)会を組織。これは1900年今村紫紅を迎えて紅児(こうじ)会と改め、ともに新しい日本画の創出を目ざした。01年東京美術学校に入学、しかし半年ほどで退学する。07年の東京勧業博覧会で『最手(ほて)』が二等賞、第1回文展で『豊公(ほうこう)』が三等賞を受賞。このころ療養を余儀なくされたが、12年(大正1)の第6回文展に『夢殿(ゆめどの)』(東京国立博物館)を出品して注目を集めた。大和(やまと)絵の伝統を独自に消化し、新たな格調ある歴史画を志向する画風が評価されたのである。13年に紅児会を解散、翌14年の日本美術院再興に同人として加わり、その第1回展に『御産の祷(いのり)』を出品、地歩を確定した。34年(昭和9)帝室技芸員、35年帝国美術院会員。44年から51年(昭和26)まで東京美術学校(49年東京芸術大学に改まる)教授。48年文化勲章受章。ほかに『御夢(おんゆめ)』『五合庵(あん)の春』『孫子勒姫兵(そんしろくきへい)』『黄瀬川(きせがわ)の陣』などが代表作。神奈川県大磯(おおいそ)に没。[原田 実]
『『画想――安田靫彦文集』(1982・中央公論美術出版) ▽今泉篤男解説『現代日本美術全集14 安田靫彦』(1974・集英社) ▽佐々木直比古編『日本画素描大観4 安田靫彦』(1984・講談社) ▽河北倫明・高階秀爾他監修『日本の名画14 安田靫彦』(1976・中央公論社) ▽安田建一解説『安田靫彦の書』(1979・中央公論美術出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安田靫彦の関連情報