コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村紫紅 いまむらしこう

8件 の用語解説(今村紫紅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今村紫紅
いまむらしこう

[生]1880.12.16. 横浜
[没]1916.2.28. 東京
日本画家。ちょうちん商今村岩五郎の子。本名は寿三郎。初め山田馬介に水彩画を学び,1897年松本楓湖に師事し,翌年から紫紅と号した。 1901年安田靫彦 (ゆきひこ) ,小林古径前田青邨らと紅児会を結成,新日本画の創造に励む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いまむら‐しこう【今村紫紅】

[1880~1916]日本画家。神奈川の生まれ。本名、寿三郎。松本楓湖(まつもとふうこ)に師事し、紅児会を結成。大胆な技法と構図、新鮮な色彩感覚で近代日本画革新に貢献。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

今村紫紅【いまむらしこう】

日本画家。横浜市生れ。本名寿三郎。1895年ころ山田馬介に英国風水彩画を学び,さらに1897年松本楓湖に入門。1901年安田靫彦らと紅児会を組織,歴史画に新境地を求めた。
→関連項目近江八景(美術)速水御舟前田青邨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村紫紅 いまむら-しこう

1880-1916 明治-大正時代の日本画家。
明治13年12月16日生まれ。松本楓湖(ふうこ)にまなぶ。明治33年安田靫彦(ゆきひこ)らと紅児会を結成。大正元年文展出品の「近江(おうみ)八景」は文人画と洋画の印象派の表現法をとりいれ注目された。3年再興日本美術院に参加,また速水御舟(はやみ-ぎょしゅう)らと赤曜会をつくった。大正5年2月28日死去。37歳。神奈川県出身。本名は寿三郎。作品はほかに「熱国の巻」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

今村紫紅

没年:大正5.2.28(1916)
生年:明治13.12.16(1880)
明治大正期の日本画家。輸出向け提灯屋を営む今村岩五郎の3男。横浜生まれ。明治28(1895)年ごろ山田馬介に英国風の水彩画を学んだのち,30年松本楓湖に入門,歴史画を学ぶ。33年安田靫彦らの紫紅会に入会するが,会名と紫紅の名前が同じため,会名を紅児会と改称。同会,および楓湖門下生を中心とする巽画会で,歴史画の研究を進めた。40年に訪れた茨城県五浦の日本美術院研究所では,横山大観らの制作姿勢に大きな刺激を受けた。このころから宗達の研究を始め,43年第10回巽画会「達磨(説法)」(東京国立博物館蔵),翌年第12回「風神雷神」(個人蔵)など柔らかな形態と色彩の点描による作品を発表。また44年から原三渓の援助を受け,同時に原邸で毎月日本中国の古美術鑑賞を行い,明清画や富岡鉄斎を研究する。45年第6回文展「近江八景」(東京国立博物館蔵)では,そうした南画研究による柔らかな筆致とやまと絵の色彩に,当時紹介された後期印象派的な点描を加え,紫紅様式を確立。単身インドに渡航して制作した大正3(1914)年第1回再興院展「熱国の巻」(東京国立博物館蔵)は,輝く色彩で紫紅芸術の頂点を示した。また同年再興日本美術院に経営者同人として参加し,速水御舟ら若手作家を率いて赤曜会を結成。その芸術的革新性と,若手の親分格としての豪放な性格から,将来を大いに期待されたが,酒による肝臓病と脳溢血のため,37歳の若さで死去した。

(佐藤道信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いまむらしこう【今村紫紅】

1880‐1916(明治13‐大正5)
日本画家。横浜市に生まれる。名は寿三郎。はじめ水彩画の手ほどきを受け,1897年上京,松本楓湖の塾に入り,日本絵画共進会に出品,1901年安田靫彦らと紅児会を組織して新しい歴史画の開拓に努め,07年には安田靫彦の仲介で五浦の日本美術院研究所に参加。岡倉天心の指導を受け,横山大観,菱田春草下村観山らの制作ぶりを見て啓発される。紅児会に出品した《政宗》,巽画会の《説法》あたりからおおらかな独特の画風を示したが,第6回文展に南画の技法に印象派の色彩表現をとりいれた新解釈の《近江八景》を発表し,世の注目をひいた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いまむらしこう【今村紫紅】

1880~1916) 日本画家。横浜生まれ。本名、寿三郎。松本楓湖に師事。安田靫彦らと紅児会を結成、新日本画の発展に尽力。代表作「近江八景」「熱国之巻」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今村紫紅
いまむらしこう
(1880―1916)

日本画家。本名寿三郎。明治13年12月16日横浜に生まれる。1897年(明治30)17歳のとき松本楓湖(ふうこ)の門に入った。98年日本美術協会展に入選、翌年から日本美術院日本絵画協会連合共進会に出品した。1901年(明治34)小堀鞆音(こぼりともと)門下の安田靫彦(ゆきひこ)らと紅児会(こうじかい)を結成、さらに巽画会(たつみがかい)にも加わって歴史画の新境地を求め、07年には岡倉天心の知遇を得て五浦(いづら)(茨城県)の日本美術院研究所を訪れ、研究を深めている。11年第5回文展出品の『護花鈴(ごかれい)』はそうした精進の成果を示すものであるが、翌12年(大正1)の第6回文展に出品の『近江(おうみ)八景』8幅は、南画と後期印象派風の表現とが渾然(こんぜん)する斬新(ざんしん)な風景画として注目された。14年インドに旅行。同年の日本美術院再興に同人として参画、その第1回展に大胆な構成と明快な色調をもち、彼の代表作となる『熱国の巻(まき)』2巻を出品した。やはりこの年、速水御舟(はやみぎょしゅう)、小茂田青樹(おもだせいじゅ)、中村岳陵(がくりょう)らと赤燿会(せきようかい)を結成し、日本画の近代化になお盛んな意欲を燃やしたが、翌15年病に倒れ、大正5年2月28日、35歳の若さで世を去った。作品にはほかに『説法』『風神雷神』『潮見坂』などがよく知られている。[原田 実]
『『現代日本美術全集3 菱田春草/今村紫紅』(1972・集英社) ▽「熱国の巻」(『現代日本絵巻全集7』所収・1982・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今村紫紅の関連キーワード松本楓湖尾形月耕渡辺省亭鈴木松僊中野其玉前川孝嶺提灯屋・提燈屋提灯屋提灯屋相撲雅邦紙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今村紫紅の関連情報