小林玄章(読み)こばやし げんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林玄章 こばやし-げんしょう

?-? 江戸時代中期の医師,郷土史家。
丹後(京都府)宮津藩藩医。「丹後州宮津府志」の編修を命じられ,宝暦11年(1761)に完成させる。「丹哥府志」編修の途中で没したが,孫の之原(しげん)らがおぎなって完成させた。名は順亮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小林玄章の言及

【丹後国】より

…田辺藩の漢学者野田笛浦(てきほ)は,執政までつとめ文政に力を尽くした。宮津藩の小林玄章は天野房成らと《宮津府志》を編纂し,さらに藩の抱え絵師佐藤正持を伴って丹後全体を踏査して《丹哥府志》の編纂に尽くした。このほか俳人・画家の与謝蕪村(ぶそん)は,1755年(宝暦5)ころ母の郷里与謝郡宮津に寄寓した。…

※「小林玄章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android