丹後(読み)たんご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹後
たんご

京都府北端,日本海に面する地区。旧町域。1955年間人町と豊栄村,竹野村,上宇川村,下宇川村の 4村が合体して丹後町が発足。2004年峰山町,大宮町,網野町,弥栄町,久美浜町と合体し京丹後市となる。丹後半島北岸を占め,古生層新第三紀層からなる山地が多い。狭い平地での農業のほか,かつては間人(たいざ)を中心に沿岸漁業が盛んであったが,近年は不振で養殖漁業に転換。漁村にも丹後縮緬機業が導入されている。神明山古墳産土山古墳は史跡に指定。城島,丹後松島,経ヶ岬などの海岸は山陰海岸国立公園に属する。海岸線に沿って半島一周道路(国道178号線)が通じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹後
たんご

京都府最北端、竹野郡にあった旧町名(丹後町(ちょう))。現在は京丹後市の北東端を占める一地区。1955年(昭和30)間人(たいざ)町と豊栄(とよさか)、竹野、上宇川(かみうかわ)、下宇川の4村が合併して成立。2004年(平成16)峰山(みねやま)、大宮(おおみや)、網野(あみの)、弥栄(やさか)、久美浜(くみはま)の5町と合併、市制施行して京丹後市となる。なお、この合併により行政地名としての竹野郡はなくなった。旧丹後町は、日本海に臨む丹後半島北岸に位置し、山地が海岸まで迫り、竹野川や宇川の流域以外は平地に乏しい。国道178号、482号が通じ、京都丹後鉄道宮豊線の網野(あみの)駅、峰山(みねやま)駅からバスの便がある。耕地に乏しく、冬は雪が深いため農業は不振で、冬の農閑期には杜氏(とうじ)として伏見(ふしみ)などへの出稼ぎがみられた。また農家の副業として間人地区を中心に丹後縮緬(ちりめん)機業が盛ん。漁業では間人港に水揚げされる間人ガニが有名。海岸一帯は変化に富み、丹後天橋立大江山(たんごあまのはしだておおえやま)国定公園の一部となっている。京都府最北端にたつ経ヶ岬(きょうがみさき)灯台は1898年(明治31)の建造、リアス式海岸の丹後松島などの景勝地がある。海水浴場や温泉もある。神明山(しんめいやま)古墳、産土山(うぶすなやま)古墳はともに国指定史跡。[織田武雄]
『『丹後町史』(1976・丹後町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たにわ‐の‐みちのしり たには‥【丹後】

たんご(丹後)(一)〔二十巻本和名抄(934頃)〕

たんご【丹後】

[1] 山陰道八か国の一つ。現在の京都府の北部。和銅六年(七一三)丹波国から分かれて一国となる。古代は大陸との交通の要地。鎌倉初期は京都守護、のち六波羅探題の管轄。南北朝時代以後上杉・山名の両氏を退けて一色氏が守護となったが、戦国時代には細川氏がとってかわった。江戸時代は宮津・峰山・田辺の三藩に分かれ、廃藩置県後は宮津・峰山・舞鶴の三県となり、豊岡県の一部を経て、明治九年(一八七六)京都府に編入。たにわのみちのしり。
[2] 〘名〙
① 丹後地方で産する織物。丹後縮緬(ちりめん)、丹後縞など。
※洒落本・恵世物語(1782)そのあと「たんごのふとん壱つ、丹後のよき」
② (丹後鰤(たんごぶり)の縁による) 僧家で、鰤(ぶり)をいう語。
※評判記・難波鉦(1680)六「たいをわかさといひ、ぶりをたんご、ふなをあふみ殿」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

丹後の関連情報