コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林義武 こばやし よしたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林義武 こばやし-よしたけ

1942-2013 昭和後期-平成時代の音楽史学者,バッハ研究者。
昭和17年6月10日生まれ。昭和41年ウィーン大学に留学,翌年西ドイツ(現・ドイツ)のゲッティンゲン大文学研究科に留学。49年ヨハン・ゼバスティアン・バッハ研究所学術研究員。平成3年同志社女子大教授。11年成城大教授。15年「バッハとの対話―バッハ研究の最前線」で芸術選奨文部科学大臣賞。バッハの研究とくに筆跡鑑定で世界的に知られた。妻は独協大教授のキルステン・バイスヴェンガー。平成25年1月26日死去。70歳。北海道出身。東大卒。著作はほかに「バッハ―伝承の謎を追う」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小林義武の関連キーワードレジスタンス文学国際オリンピック委員会ジオパーク登録記念物官民ファンドミゲル カブレラ醸造業森一生石井マークCREAM

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android