小糠三合(読み)こぬかさんごう

精選版 日本国語大辞典「小糠三合」の解説

こぬか‐さんごう ‥サンガフ【小糠三合】

〘名〙
① わずかな財産のたとえ。
※俳諧・鷹筑波(1638)一「わが名はまだきたてる入むこ 恋すてふこぬか三合(さんガウ)やもたざらん〈一次〉」
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)四幕「わしが聟に来たとても、にもいふ小糠三合(コヌカさんガフ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android