コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅の柱松行事

デジタル大辞泉プラスの解説

小菅の柱松行事

長野県飯山市瑞穂小菅地区の小菅神社の例大祭で行われる神事。東(上(かみ))と西(下(しも))に分かれた若衆柱松の頂部の尾花に火をつける早さを競う。上が勝てば天下泰平、下が勝てば五穀豊穣になるとされる。2011年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小菅の柱松行事の関連情報