コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菅の柱松行事

1件 の用語解説(小菅の柱松行事の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

小菅の柱松行事

長野県飯山市瑞穂小菅地区の小菅神社の例大祭で行われる神事。東(上(かみ))と西(下(しも))に分かれた若衆が柱松の頂部の尾花に火をつける早さを競う。上が勝てば天下泰平、下が勝てば五穀豊穣になるとされる。2011年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小菅の柱松行事の関連キーワード長野県飯山市飯山長野県飯山市寿長野県飯山市静間長野県飯山市照岡長野県飯山市常盤長野県飯山市蓮長野県飯山市瑞穂長野県飯山市瑞穂豊長野県飯山市緑長野県飯山市吉

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone