コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱松 ハシラマツ

デジタル大辞泉の解説

はしら‐まつ【柱松】

一端を地中に埋めて庭上に立てて用いるたいまつ。はしらたいまつ。たちあかし。たてあかし。
盆の火焚き行事の一。の上に柴などをとりつけておき、下から小さいたいまつを投げて点火させる。投げたいまつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしらまつ【柱松】

地に刺し立てて焚く大きなたいまつ。立ちあかし。立てあかし。
七夕や盆に竹や柴草で太く高い柱を作って立て、頂上に幣ぬさや榊さかきを挿し、これに下から火を投げあげて点火する習俗。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柱松の言及

【験競べ】より

…その呪法もさまざまあるが,使役神の護法を尸童(よりまし)や動物,物体などに憑依(ひようい)させ,動かしたり呪縛(じゆばく)したりしてその結果を見ることがよく行われ,中にはその勝敗を農作や漁獲の豊凶占いと結びつけたものもある。今日,奈良県吉野山蔵王堂の蓮花会の〈蛙飛び〉,山形県羽黒山の松例祭(しようれいさい)の〈兎飛び〉,長野県戸隠山,新潟県妙高山の〈柱松(はしらまつ)〉行事などにその残存儀礼を見ることができる。【鈴木 昭英】。…

【柱】より

…このように中心を象徴し神の依代となる柱の原形は,建築そのものとは無関係な,神事の際に祭場のしるしとして屋外に立てられた木や柱にあろう。柱を立てる神事で有名なのは,6年ごとに社地の四隅に巨大な柱を立てる諏訪神社の〈御柱(おんばしら)祭〉だが,祭場に柱や柱松(柱の上にたいまつを掲げたもの)を立てる神社は信州や東北地方に多い。祭場のしるしとしては,サカキなどの常緑の聖樹を伐って立てるものがより一般的だが,鉾(ほこ)や旗竿,幟(のぼり)なども柱と同じ類と考えられる。…

【火祭】より

…正月には鬼火焚きや左義長(どんど焼き)などの火祭があり,この火にあたると若返るとか病気にならないなどの呪力があるとされている。盆の前後には柱松(はしらまつ),火揚げ,火柱,竿灯(かんとう),ねぶた,大文字焼き(大文字火),灯籠流しなどの火祭があり,送り火迎え火のように盆の精霊を送迎したり怨霊を鎮めたりする火に由来するものが多い。また,火祭は年や季節の変り目によく行われるが,冬祭霜月祭では火をたくことで衰弱した太陽の力をよみがえらせようとしたものであり,小正月の火祭も含めて春季の火祭には修正会(しゆしようえ)や修二会(しゆにえ)にみられるように,いっさいの厄災を焼き払って新しい季節を迎えるという意図がうかがえる。…

※「柱松」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柱松の関連キーワード志摩加茂五郷の盆祭行事小菅の柱松行事盆(先祖祭り)柱炬火・柱松明向田の火祭り英彦山の松会等覚寺の松会熊野花火岩国市柱松明愛宕山山口県迎え火地中火祭松明一端神木庭上周東

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柱松の関連情報