小菜蛾(読み)コナガ

大辞林 第三版の解説

こなが【小菜蛾】

クチブサガ科の蛾。開張1.5センチメートルほど。前ばねに白斑がある。幼虫は体長1センチメートルほどの青虫で、アブラナ科の植物の葉を食害する。暖地では年間に一〇世代以上を繰り返し発生する。全世界に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小菜蛾 (コナガ)

学名:Plutella maculipennis
動物。マエヒゲガ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android