コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小菜蛾(読み)コナガ

大辞林 第三版の解説

こなが【小菜蛾】

クチブサガ科の蛾。開張1.5センチメートルほど。前ばねに白斑がある。幼虫は体長1センチメートルほどの青虫で、アブラナ科の植物の葉を食害する。暖地では年間に一〇世代以上を繰り返し発生する。全世界に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小菜蛾 (コナガ)

学名:Plutella maculipennis
動物。マエヒゲガ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android