コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西松江 こにし しょうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西松江 こにし-しょうこう

1748-1820* 江戸時代中期-後期の漢詩人。
寛延元年生まれ。丹後熊野郡湊宮村(京都府久美浜町)で廻船業をいとなむ。江村北海にまなび,寛政7年「松江近体詩」を刊行した。文政2年11月16日死去。72歳。名は績。字(あざな)は伯煕。通称は与右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小西松江の関連キーワードアンペール大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android