コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江村北海 えむらほっかい

6件 の用語解説(江村北海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江村北海
えむらほっかい

[生]正徳3(1713).播磨
[没]天明8(1788).2.2.
江戸時代中期の朱子学派の儒者。福井藩の儒者伊藤龍洲の子。宮津藩儒として経史を講じた。のち京都に隠棲,詩作にふける。著書『日本詩史』 (1771) ,『楽府類海』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えむら‐ほっかい〔‐ホクカイ〕【江村北海】

[1713~1788]江戸中期の儒学者・漢詩人。名は綬。播磨(はりま)の人。宮津藩に仕えたが、のち退任し、京都に住み、漢詩文の普及に尽くした。著「日本詩史」「日本詩選」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江村北海 えむら-ほっかい

1713-1788 江戸時代中期の儒者,漢詩人。
正徳(しょうとく)3年10月8日生まれ。伊藤竜洲の次男。江村毅庵(きあん)の養子となり,その跡をつぎ丹後(京都府)宮津藩につかえ,京都留守居役をつとめる。京都で詩の結社「賜杖堂(しじょうどう)」をつくった。「日本詩史」「日本詩選」の著書で知られる。天明8年2月2日死去。76歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は綬。字(あざな)は君錫。通称は伝左衛門。著作はほかに「授業編」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

えむらほっかい【江村北海】

1713‐88(正徳3‐天明8)
江戸中期の漢詩人。京都の人。名は綬,字は君錫,通称は伝左衛門,北海は号。儒者伊藤竜洲の次男に生まれ,京都の儒家の名門であった江村家の養子となった。兄の伊藤錦里,弟の清田儋叟(せいだたんそう)とともに学者3兄弟として知られる。伊藤家も江村家も家学は朱子学であったが,朱子学を強く宣布するという家風ではなく,北海も養父のあとをついで美濃郡上藩の儒官にはなったが,その活動は儒学よりも漢詩文に傾斜していた。それも詩文の実作にすぐれた才能を示したわけではなく,家塾の賜杖堂(しじようどう)において多くの門人に詩文を教授し,また上代から当代までの漢詩史《日本詩史》(1771)を著し,当時の人々の漢詩を広く採集した《日本詩選》(1774)を編纂するなどの,啓蒙・著述の活動に本領があり,上方に漢詩文が普及するうえで大きな役割を果たした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えむらほっかい【江村北海】

1713~1788) 江戸中期の漢詩人。明石の人。宮津藩江村毅庵の養子。詩文に長じ、上方における漢詩文普及に功があった。著「日本詩史」「日本詩選」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江村北海
えむらほっかい
(1713―1788)

江戸中期の儒学者、漢詩人。名は綬(じゅ)、字(あざな)は君錫。京都の人。儒学者伊藤龍洲(いとうりゅうしゅう)(1683―1755)の二男で、同じ京都儒学界の名門江村氏を継いだ。兄の伊藤錦里(きんり)(1710―1772)、弟の清田(せいたたんそう)(1719―1785)とともに俊才として聞こえた。学統は朱子学で、独自の見識には乏しいが、穏健な学風で多くの門人を育てた。詩文にも関心が深く、当時の漢詩壇では盛唐詩の模倣に徹する古文辞派の詩風が有力であったが、これの行き過ぎを是正する立場から『日本詩史』『日本詩選』を著し、漢詩を日本の風土に定着させるのに功績があった。[日野龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の江村北海の言及

【日本詩史】より

…漢詩史書。江村北海著。1771年(明和8)刊。…

※「江村北海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

江村北海の関連キーワード服部南郭秀雪亭竹川政辰平蕉斎藤山惟熊本田昂斎児玉良悦安達清河服部白賁佐々木魯庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone