コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西義敬 こにし ぎけい

1件 の用語解説(小西義敬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西義敬 こにし-ぎけい

?-? 明治時代の新聞経営者。
駅逓頭(えきていのかみ)前島密(ひそか)の意向をうけ,明治5年「郵便報知新聞」(のちの「報知新聞」)を創刊。のち同紙をはなれ,17年仮名垣魯文(かながき-ろぶん)らの援助で「今日新聞」(のちの「都新聞」)を創刊した。江戸出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小西義敬の言及

【郵便報知新聞】より

…明治前期の東京で発行された有力な政論新聞。1872年(明治5)に駅逓頭前島密(ひそか)が秘書の小西義敬を社主として創刊させた。駅逓寮(のちの郵便局)の組織を通じてニュースを集めるなど地方記事が充実し,また配送も迅速円滑であった。…

※「小西義敬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone