小走(読み)こばしり

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐ばしり【小走】

〘名〙
① 狭い歩幅で足早に歩くこと。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉「洗ひざらしの裕衣(ゆかた)の肩、我れ知らず窄めて小走(コバシ)りするお蝶」
※梅津政景日記‐慶長一八年(1613)院内銀山籠者成敗人帳「床屋の小走り石見覚右衛門・江戸覚蔵と申者、八月六日昼籠舎致候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android