小躍(読み)こおどり

  • こおどり ‥をどり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「こ」は接頭語。多く「こおどりする」の形で用いる)
① 小さくはねること。また、はねること。
※梵舜本太平記(14C後)一七「猪の目透かしたる(まさかり)の、歯の亙(わたり)一尺計りあるを、右の肩に振りかたげて〈略〉小跳りして登る有様は」
② とびあがらんばかりによろこぶこと。雀躍(じゃくやく)
※咄本・一休関東咄(1672)下「ゑみをふくみ小おどりして申ける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android