コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野倉蔵 おの くらぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野倉蔵 おの-くらぞう

1908-1997 昭和後期-平成時代の福祉活動家。
明治41年2月24日生まれ。戦災孤児救済のため,昭和21年山口県下関市に中部(なかべ)少年学院を開設,108名の孤児と共同生活をはじめる。26年乳児預かり所を併設。おおくの子供たちを社会におくりだした。58年全国養護施設協議会会長。62年吉川英治文化賞。平成9年11月6日死去。89歳。群馬県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小野倉蔵の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門香港映画新聞小説黒沢清ホンダ・インターナビASEAN飯島耕一MVRDVスペイン映画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android