コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野田守 おのの たもり

2件 の用語解説(小野田守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野田守 おのの-たもり

?-? 奈良時代の官吏。
天平感宝(てんぴょうかんぽう)元年(749)大宰少弐,天平勝宝(しょうほう)5年遣新羅(しらぎ)大使となった。刑部少輔などをへて,天平宝字(ほうじ)2年遣渤海(ぼっかい)大使をつとめ,帰国後,唐(とう)(中国)の安禄山の乱を報告した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野田守

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。唐国での安禄山の反乱を日本に急報したことで有名。天平19(747)年,従五位下になり,以後,外交官,外交畑を歩く。天平勝宝1(749)年,大宰大弐となり,5年新羅大使となる。帰国後も大宰大弐に再任された。天平宝字1(757)年遣渤海大使に任命され,翌年渤海使楊承慶ら23人をつれて帰国。このとき,唐で安禄山の反乱が起こったことを報告した。政府はこの報告を得て大宰府に命じて事変に備えさせたという。また遣新羅使として新羅へ赴いた折,新羅が礼を欠いたので使の任務を執行しないで帰国したとされている。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野田守の関連キーワード安禄山顔杲卿許遠史思明長生殿睢陽宇努男人巨勢真人佐伯久良麻呂陽侯麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone