コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安禄山 あんろくさんAn Lu-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安禄山
あんろくさん
An Lu-shan

[生]神竜1(705)?
[没]至徳2(757)
中国,ソグド系突厥の雑胡で唐の節度使。安史の乱の中心人物。6種の言語を理解したといわれ,幽州節度使張守珪の部下となって戦功を立て,巧みに玄宗とその寵妃楊貴妃に取入り,幽州,平盧河東の3節度使を兼任し,20万近くの兵を配下にもった。楊貴妃の一族楊国忠が政権を握ると反目し合い,天宝 14 (755) 年安史の乱を起し,都の長安を占拠,唐朝に大打撃を与えたが,眼病と疽を併発して狂暴となり,次子安慶緒に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あん‐ろくざん【安禄山】

[705~757]中国代の武将ソグド人。安史の乱首謀者玄宗皇帝に信頼されて平盧(へいろ)・范陽(はんよう)・河東の三節度使を兼任していたが、755年、反乱を起こして洛陽・長安を攻略。大燕皇帝を自称したが、子の慶緒(けいしょ)に殺された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

安禄山【あんろくざん】

唐代の武将。父はイラン系のソグド人,母はトルコ系の突厥(とっくつ)人。玄宗に信任され,751年には3節度使を兼任。755年挙兵,洛陽を陥れ,756年皇帝と称する。
→関連項目長生殿杜甫楊貴妃李白

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんろくざん【安禄山 Ān Lù shān】

705‐757
中国,唐代の節度使。営州柳城(遼寧省朝陽県)の人。ソグド人の父と突厥(とつくつ)人の母をもつ雑胡で,安はソグドの中国姓,禄山は光を意味するソグド語roxsanの音訳と考えられる。6ヵ国語に通じ,互市牙郎(交易の仲介人)から幽州節度使張守珪の部下となり,並外れた才覚と遊泳術により玄宗の信任を得て,751年(天宝10)には平盧,范陽,河東つまり遼寧から河北,山西にまたがる3節度使を兼ね,唐全体の3分の1にあたる兵力を擁するまでになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あんろくざん【安禄山】

705~757) 中国、唐代の武将。ソグド系の胡人こじん。安史の乱の首領。玄宗の時、平盧へいろ・范陽はんよう・河東の三節度使を兼ねて大兵力を擁し、宰相楊国忠らと対立して755年史思明とともに挙兵。翌年、皇帝を称し国号を大燕とする。洛陽・長安を占領したが、次男慶緒けいしよに殺された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安禄山
あんろくざん
(703?―757)

中国、唐の武将。安史の乱の首謀者。出自は伝説的で、母は突厥(とっけつ)(トルコ系)貴族阿史徳(あしとく)氏の巫女(みこ)、父は一説に胡(こ)人康(こう)氏(イラン系ソグド人)で早く死別、母が幼年の彼を連れてソグド系武将安延偃(あんえんえん)に再嫁したので義父の姓を名のったとされるが、安氏を実父とする説が有力である。唐人からは雑胡(ざっこ)と称せられた。幼名軋犖山(あつらくさん)(トルコ語の軍神の意と記されるが疑わしい)、のち禄山としたが、いずれもソグド語の光(ロクサン)の音訳とされる。
 716年ごろ一族とともに唐側に亡命、営州柳城(遼寧(りょうねい/リヤオニン)省朝陽(ちょうよう/チャオヤン)県)に住んだ。営州は唐の東北前進基地で、諸民族の集まるところであった。禄山は6種の言語を操り、互市牙郎(ごしがろう)(貿易仲買人)を務め、やがて幽州節度使張守珪(ちょうしゅけい)の部下となって対契丹(きったん)戦に活躍、奚(けい)、契丹、室韋(しつい)、靺鞨(まっかつ)など東北諸族の鎮撫(ちんぶ)に手腕を発揮する一方、中央派遣の使臣に贈賄して玄宗の信任を得た。742年平盧(へいろ)節度使に抜擢(ばってき)され、744年范陽(はんよう)(幽州。現在の北京(ペキン))、751年河東(山西(さんせい/シャンシー)省太原(たいげん/タイユワン))の両節度使を兼任するに至り、唐の辺防軍全体の3分の1近い大兵力を握った。禄山は宰相李林甫(りりんぽ)をはじめ皇帝側近、とくに後宮の楊貴妃(ようきひ)に取り入って養子にしてもらい、宮廷に食い込んだ。しかし貴妃の族兄楊国忠(ようこくちゅう)が李林甫を追い落として宰相となるや、禄山の勢力を恐れ、謀反の志ありとして帝との離間を謀り、玄宗も疑念を抱くに及んで、禄山は君側の姦(かん)、楊国忠を討つと称して15万の兵を動員した。755年11月挙兵、12月洛陽(らくよう)を落とし、翌年元旦大燕(だいえん)皇帝と称し、聖武の年号をたて、6月には長安を攻め落とし、一時は華北の主要部を制圧した。
 しかしこのころから眼疾で視力が衰え、疽(そ)(悪性腫(はれ)物)を病んで狂躁(きょうそう)となり、愛妾(あいしょう)の子慶恩(けいおん)を偏愛したので、不安を感じた太子慶緒(けいしょ)(次子)によって暗殺された。河北地域では数十年後まで人気は衰えず、反乱を引き継いだ史思明(ししめい)とともに、二聖とあがめられるほどであったという。[菊池英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の安禄山の言及

【安史の乱】より

…中国,代中期,安禄山,史思明(?‐761)らによって起こされた反乱。9年におよぶ大乱で,中国社会の様相が大きく変化する契機となった。…

【玄宗】より

…過渡期の不安を象徴するかのように,中央では貴族出身の官僚と新興勢力である科挙出身官僚との対立が激しく,また募兵制の採用により各地に配置された節度使,とりわけ貴族出身の宰相李林甫が保身のために利用した異民族出身の節度使たちが勢力を拡大していた。その最強のものが平廬,范陽,河東の3節度使を兼ねた安禄山である。 だが玄宗はしだいに意欲を失い武恵妃さらに実子寿王の妃楊玉環(楊貴妃)を溺愛し,政治を顧みなくなり,管絃,宴遊にうつつをぬかすありさまであった。…

【唐】より

…辺境に常駐する大軍を手中に収める節度使が出現したことは,中央政府の動向に甚大な影響を与えずにはおかなかった。安禄山が平盧節度使になったのが742年,平盧,范陽,河東の3節度使を兼任したのが751年であった。 政治の安定度を計るバロメーターが,登録戸口数の多少で示しうるとするならば,唐朝の建国以来,玄宗朝の末年までは,武韋時期をも含めて,一貫して上昇カーブを描いていた。…

※「安禄山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安禄山の関連キーワード楊貴妃(中国)「春望」杜甫楊貴妃墓小野田守胡旋舞燕子箋顔真卿李林甫長恨歌韋応物高力士哥舒翰井陘口儲光羲史思明高仙芝顔杲卿首領国号井陘

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安禄山の関連情報