コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小門勝二 おかど かつじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小門勝二 おかど-かつじ

1913-1977 昭和時代後期の随筆家。
大正2年7月15日生まれ。毎日新聞学芸部記者から文筆活動にはいる。永井荷風(かふう)としたしく,個人雑誌「散人(さんじん)」を刊行,「散人―荷風歓楽」(昭和37年エッセイスト・クラブ賞),「浅草の荷風散人」などの著作がある。昭和52年2月13日死去。63歳。東京出身。新聞学院卒。本名は小山勝治。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小門勝二の関連キーワード散人/一名荷風歓楽

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android