コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外記 げき

6件 の用語解説(外記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外記
げき

太政官少納言局に属し,内記の作った詔書文を直し,太政官の奏文を起草し,除目 (じもく) ,叙位など公事の儀式をとり行う官。のちには清原,中原両氏の世襲となる大外記 (2人,六位相当) をはじめ,少外記 (2人) ,史生 (10人) ,使部などの役職があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げ‐き【外記】

律令制で、太政官(だいじょうかん)に属し、少納言の下にあって、内記(ないき)の草した詔勅の訂正、上奏文の起草、先例の勘考、儀式の執行などをつかさどった官職。大外記と少外記があった。→内記
外記局」の略。
外記節(げきぶし)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外記【げき】

律令制下の朝廷の書記。太政官(だいじょうかん)にあって公文書の作成,公務の記録を担当。大外記・少外記各2人。平安時代には外記局は左・右弁官局と並んで三局の一つとなり,大外記は清原・中原両家が世襲。
→関連項目大炊寮掃部寮主計寮主税寮少納言内記師守記康富記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げき【外記】

日本古代律令官制の官職の一つ。太政官に大外記2人,少外記2人が所属する。和訓は〈とのおおい(すない)しるすつかさ〉。太政官は,(1)左右大臣・大納言(のち中納言・参議が加わる)からなる議政官組織(公卿(くぎよう)),(2)議政官組織の下部機構で少納言と外記からなる少納言局,(3)諸官司に対する統轄機関で弁と史からなる左右の弁官局によって構成されるが,外記は少納言の下僚として,内記(ないき)(中務省所属)の作成する詔書の勘正,奏文の勘造などのほか,宮廷および太政官内の恒例・臨時の儀式・諸行事に従事するのを職掌とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げき【外記】

律令制における官職の一。太政官の少納言の下にあって詔勅・上奏文の起草や朝儀の記録などをつかさどり、除目・叙位などの儀式を執行した職名。大・少外記がある。しるすつかさ。 ↔ 内記
外記庁げきのちよう 」の略。
禅寺の書記役。
外記節げきぶし 」に同じ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外記
げき

(りょう)制官職の一つ。太政官(だいじょうかん)に置かれ、大(だい)外記2人と少(しょう)外記2人からなる。太政官の少納言(しょうなごん)の下に属し、太政官の主典(さかん)にあたる。養老職員令(ようろうしきいんりょう)によると、その職掌は、主典としての通掌のほかに、詔書の後半部の起草や太政官奏(そう)の起草であった。官位相当は大外記が正七位上、少外記が従(じゅ)七位上であったが、783年(延暦2)職務繁忙などを理由に、大外記を正六位上、少外記を正七位上に昇格させた。五位に上ったものを大夫(たいふ)外記という。外記はしだいに少納言局の実務を掌握し、外記の上首は局務(きょくむ)と称されたが、平安時代中期からは清原(のち舟橋)・中原(のち押小路(おしのこうじ))両家に世襲されることとなった。1187年(文治3)に、外記は6人を定員とすることが定められた(『玉葉』)。[柳雄太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外記の言及

【宣旨】より

…つまり,宣旨は,結果として上司の宣を配下が奉って第三者に伝える構造をとるのである。 宣旨の種類は,奈良時代には多種多様であるが,平安時代にみられるのは,天皇の口勅を蔵人が奉り上卿に伝える口宣(くぜん)(ただし,11世紀末には宣旨と異なる様式となる),内侍の伝宣を検非違使庁官人が奉る内侍宣,使別当の宣を使庁官人が奉る検非違使別当宣,上卿の宣を外記(げき)が奉る上卿宣旨(外記宣旨),上卿宣を弁官が伝宣し史が奉る弁官宣旨等である。このうち,外記宣旨と弁官宣旨は,太政官から出される宣旨で,とくに重要である。…

【太政官】より

…これは,律令制以前に存在した畿内出身の有力豪族の長による国政合議の体制を継承したものであって,8世紀前半には旧豪族の拠点として天皇の権力を掣肘(せいちゆう)する機能を保持していたが,8世紀半ば以降そうした機能は失われ,しだいに天皇に従属するものとなった。だが,その国政審議の府としての権能はながく継承され,平安時代に陣定(じんのさだめ)と称された公卿の会議では各種の政務が審議されたし,また少納言局や弁官局が行う外記政・官政などの政務には,中納言以上の公卿が上卿(しようけい)として出席し,指揮するのが例となっており,こうしたことは摂関政治や院政の時代でも変わることはなかった。しかし鎌倉時代を経て武家政治の時代となり,公家(くげ)の権力そのものがおとろえると,そうした政務も実を失い,形式化し儀式化した。…

※「外記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外記の関連キーワード六調子起聯四蔵律・慄・率・立四部律鍵酵素律(仏教)律(詩歌)律(法制)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外記の関連情報