コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尖頭負荷 せんとうふか

1件 の用語解説(尖頭負荷の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

尖頭負荷【せんとうふか】

ピーク負荷,電力ピーク最大電力とも。ある期間の電力使用状況からみて,総合需要の最大となるときの負荷(消費量)。年間ではかつては冬季,現在では冷房使用のため夏季の昼間(午後2時〜午後3時)に,1日では午後6時ころ(電灯負荷の多い系統)か午前中(電力負荷の多い系統)に出現する。
→関連項目揚水式発電

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

尖頭負荷の関連キーワードピークロードプライシングオフピーク最大電力ピークカットピークシフトピークメーターピークロードピースマークロードマネージメント電力伝送定理

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone