コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

揚水式発電 ヨウスイシキハツデン

5件 の用語解説(揚水式発電の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ようすいしき‐はつでん〔ヤウスイシキ‐〕【揚水式発電】

水力発電の方式の一。電力需要の少ない深夜・週末、あるいは豊水期に、下部貯水池からポンプで上部貯水池に揚水し、電力需要の多いときや渇水期にこの水を使用して発電する。揚水発電

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

揚水式発電

発電所をはさんで上部と下部の2カ所にダムで調整池をつくり、一定量の水を繰り返し循環させる形で発電する方烹下部から上部へは電力需要の少ない夜に電気で水を循環させるので、水や電気の有効活用につながる。葛野川発電所では、上部の上日川ダムと下部の葛野川ダムとの落差が約710メートルあり、世界最大規模だ。

(2011-09-03 朝日新聞 朝刊 山梨全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

揚水式発電【ようすいしきはつでん】

電力需要の少ない深夜に他の発電所の余剰電力を利用して,水を低所の貯水池から高所の貯水池にあげ,渇水時や昼間の重負荷時にその水によって発電する方式。揚水の際は発電用の水車と発電機を,ポンプと電動機として使用するものが多い。
→関連項目水力発電

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようすいしきはつでん【揚水式発電 pumping‐up power generating】

深夜の余剰電力を利用して,下池の水をポンプで上池にくみあげておき,この水をピーク時に下池に落として発電に利用する水力発電の方式。日本では日間,または週間負荷調整が主である。河川流量に制約されず大規模化が容易である,変動負荷・ピーク供給力としてすぐれている,地点選定が比較的自由に行えるなど有利な点もあるが,揚水と発電の効率が相乗されるため総合効率は70%程度でよくない。したがって揚水発電所は短時間のピーク供給力としてkW当り建設費を極力安くすることが必要で,上池あるいは下池として既存の貯水池を利用するなどのくふうを要する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようすいしきはつでん【揚水式発電】

深夜や週末の余剰電力を利用して、下流の調整池の水を上流の調整池に汲み揚げ、渇水期または、電力需要期にこの水を利用して発電する方式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚水式発電の関連キーワード揚水式発電所オイルポンプ電気温水器日本卸電力取引所見做し節電蓄熱式ヒートポンプ特定規模電気事業者(PPS)神流川発電所俣野川発電所新電力(PPS)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

揚水式発電の関連情報