コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚思紹 しょう・ししょう

朝日日本歴史人物事典の解説

尚思紹

没年:尚思紹16(1421)
生年:生年不詳
15世紀,琉球王国第一尚氏王統初代の王。在位16年(1406~21)。父は佐銘川大主。尚思紹1(1406)年に中山王武寧を滅ぼし王位につく。神号(国王が即位するとき,神の託宣によってつけられる聖号)は君志真物。中国(明朝)貿易に力を入れ,同10年までの間に延べ30回も進貢船を送るなど,アジア諸国のなかで琉球が中継貿易の拠点として繁栄する基礎を築いた。側近には中国人王茂が国相兼右長史として仕え,中国系住人の集落の久米村からも対外関係の人材が登用された。室町幕府とも交渉があり,同9年に足利義持から尚思紹あてに「りうきう国のよのぬしへ」と記した文書の写しが『運歩色葉集』中に残されている。

(真栄平房昭)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

尚思紹の関連キーワードギャビン メンジーズ赤松義祐国立公園霧島硫黄山(いおうやま)宗祇宗祇ザンクトビンセンツ大寺院メディチリカルディ宮殿新燃岳しんじょう君

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone