コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗祇 そうぎ

美術人名辞典の解説

宗祇

連歌師。号種玉庵・自然斉他。若くして仏門に入り中年以後は臨済宗に属したと思われる。連歌を宗砌心敬専順に、飛鳥井雅親らに和歌・古典を、卜部兼倶に神道の教を受けた。連歌師として名があらわれ始めた四十才頃より各地に旅して連歌界最高の栄誉をうけた。和歌・連歌の伝統を継承する正統派として円熟した技巧を駆使し、堅実な作風で浪漫的心情が一貫して悲哀・厭世の調がある。文亀2年(1502)歿、82才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうぎ【宗祇】

[1421~1502]室町後期の連歌師。姓は飯尾(いいお)と伝えられる。別号、自然斎(じねんさい)・種玉庵(しゅぎょくあん)・見外斎。連歌を宗砌(そうぜい)心敬専順に師事。また、古典を一条兼良に、和歌を飛鳥井雅親に学び、東常縁(とうつねより)古今伝授を受けた。「新撰菟玖波(つくば)集」を撰進。著「吾妻問答」「萱草(わすれぐさ)」「竹林抄」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宗祇【そうぎ】

室町後期の連歌師。姓は飯尾というが,確証はなく,出自は不詳。幼少にして仏門に入り,30歳過ぎて文芸を志し,連歌を宗砌(そうぜい),心敬らに,和歌,古典を東常縁(とうのつねより),一条兼良らに学び,のち常縁から古今伝授を受けた。
→関連項目犬筑波集白河関竹林抄連歌

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗祇 そうぎ

1421-1502 室町時代の連歌師。
応永28年生まれ。高山宗砌(そうぜい),のち心敬にまなぶ。文明4年東常縁(とう-つねより)から古今(こきん)伝授をうけ,古典にも通じた。京都の種玉庵に公家(くげ)や大名をむかえて連歌などの会をひらいたほか,越後(えちご)の上杉氏,周防(すおう)の大内氏らにまねかれ,講じた。長享2年北野連歌会所の奉行,将軍家の宗匠。文亀(ぶんき)2年7月30日旅の途次,箱根で死去。82歳。姓は飯尾とされる。別号に自然斎(じねんさい),見外斎。編著に「新撰菟玖波(しんせんつくば)集」「竹林抄」,句集に「萱草(わすれぐさ)」など。
【格言など】初心の時はよき連歌をせんとすること,第一の不覚にて候(「宗祇初心抄」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうぎ【宗祇】

1421‐1502(応永28‐文亀2)
室町後期の連歌師。別号は自然斎,種玉庵。姓は飯尾というが確かではない。生国は紀伊とも近江ともいわれる。若年より京都相国寺に入り,30歳のころより連歌に志したという。宗砌(そうぜい),専順,心敬に連歌を学び,東常縁(とうのつねより)より古今伝授を受けた。1473年(文明5)以後,公家や将軍,管領の居住する上京(かみぎよう)に種玉庵を結び,三条西実隆,細川政元らの公家や幕府の上級武士と交わった。また畿内の有力国人衆や周防の大内氏,若狭の武田氏,越後の上杉氏ら各地の大名を尋ねている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうぎ【宗祇】

1421~1502) 室町後期の連歌師・古典学者。姓は飯尾といわれる。別号、自然斎・種玉庵・見外斎。連歌を宗砌そうぜい・専順・心敬らに、和歌を飛鳥井雅親に、故実を一条兼良に学び、東常縁とうのつねよりから古今伝授を受けた。三条西実隆とも親交。北野連歌会所奉行および将軍家師範。有心うしん連歌を大成。編著「新撰菟玖波つくば集」「竹林抄」「老のすさみ」「吾妻問答」「萱草わすれぐさ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗祇
そうぎ

[生]応永28(1421)
[没]文亀2(1502).7.30. 箱根湯本
室町時代の連歌師,古典学者。号,自然斎 (じねんさい) 。北野の連歌会所奉行。生国は紀伊とも近江ともいい,氏も不明。連歌宗砌心敬らに学び,和歌東常縁について古今伝授を受けた。公家では一条兼良や三条西実隆に近づき,武家では足利義政以下,特に越後や関東の上杉氏,山口の大内氏などと親しく,彼らの管国にたびたび下向し,生涯を旅に過ごしたが,在京中は種玉庵に住んだ。『竹林抄』を編み,『新撰菟玖波集』編纂の中心となり,連歌の完成,普及に努めるとともに,古典一般に通じ,文化の地方伝播にも貢献した啓蒙家でもある。肖柏宗長とともに賦した『水無瀬三吟百韻』は,完成期の連歌の代表作として,範とされた。連歌作法書『藻塩草』 (1466) ,『吾妻問答』 (『角田川』) ,『老のすさみ』 (1479) ,古典研究『古今集両度聞書』 (1471) ,句集『萱草 (わすれぐさ) 』 (1474) ,『老葉 (わくらば) 』 (1481頃) ,『下草』 (1493) ,紀行『白河紀行』 (1468) ,『筑紫道記』 (1480) などの著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗祇
そうぎ
(1421―1502)

室町時代の連歌師。生国は近世には紀伊説が広く行われたが、近江(おうみ)の出自らしい。若くして上洛(じょうらく)し、相国寺の僧坊に入ったことがあった。30歳ごろから和歌、連歌に専念し、初め宗砌(そうぜい)に、ついで専順につき、1461年(寛正2)独吟の『何人(なにひと)百韻』が現存する最初の連歌作品で、それ以後、諸所の連歌会に一座し、『熊野千句』に加わるまでに頭角を現してくる。66年(文正1)第1回の東国下向、関東流寓(りゅうぐう)中の心敬に会い、『河越千句』に一座するなどして関係を深め、宗砌風に心敬風を取り入れて連歌を大成。73年(文明5)帰京後は、種玉庵の草庵を営み、自撰(じせん)句集『萱草(わすれぐさ)』を編み、先達7人の句を集めた『竹林抄』を撰し、やがて、心敬、専順ら没後の連歌界に第一人者となって活躍する。一方、71年伊豆に出陣中の東常縁(とうつねより)より『古今集』の講釈を聴聞し、古今伝授(こきんでんじゅ)の基となる。80年大内政弘(まさひろ)の招きにより山口に下り、その勢力下の北九州を回って、『筑紫道記(つくしみちのき)』を著し、88年(長享2)には北野社の連歌会所奉行に就任、94年(明応3)には兼載とともに『新撰菟玖波(しんせんつくば)集』の撰進に着手し、翌年奏覧して准勅撰の倫旨(りんじ)を賜る。大名高家に招かれて、しばしば旅をし、1500年(明応9)越後(えちご)へ出立、02年(文亀2)越後から信濃(しなの)、上野(こうずけ)を経て美濃(みの)に向かう途中、7月30日箱根湯本の旅宿で病没する。『萱草』のほか『老葉(わくらば)』『下草』『宇良葉(うらば)』などの連歌句集があり、高弟の肖柏(しょうはく)、宗長とで巻いた『水無瀬(みなせ)三吟』『湯山三吟』の百韻連歌は著名。連歌論書にも『長六文(ちょうろくぶみ)』『淀渡(よどのわたり)』『分葉(ぶんよう)』『吾妻(あづま)問答』『老のすさみ』など数多い。歌集に『宗祇法師集』があり、『古今集』『源氏物語』など多くの古典を講釈し、また、その注釈の書を残している。のちに、旅の詩人として、さまざまの伝説が生じ、芭蕉(ばしょう)などにも影響を与えている。[島津忠夫]
『伊地知鉄男著『宗祇』(1943・春梧堂) ▽江藤保定著『宗祇の研究』(1967・風間書房) ▽小西甚一著『宗祇』(1971・筑摩書房) ▽金子金治郎著『宗祇の生活と作品』(1983・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗祇の言及

【吾妻問答】より

…別名《すみだ川》。宗祇の初期の著作で,1467年(応仁1)または70年(文明2)に,長尾孫四郎(景春か)などの東国武士に書き送った。連歌の歴史,付合(つけあい),学習法,作法故実などを,26条に分けて問答体で記述。…

【兼載】より

…会津の出身。青年期に東国へ流寓していた心敬,宗祇に学ぶ機会を持ち,20代の半ばころ京都へ出て活動し,38歳のとき北野連歌会所奉行となる。宗祇とともに《新撰菟玖波(つくば)集》の編集に当たり,1495年(明応4)完成するが,編集方針などで宗祇と確執があったことでわかるように,宗祇といろいろな意味で対立的な立場にあった。…

【古今伝受(古今伝授)】より

…室町時代に入って二条家の末流である東常縁(とうのつねより)が,東家に伝わる秘伝のほかに頓阿の流れをくむ尭孝の秘伝をあわせて,いわゆる古今伝受の原型をつくった。常縁はこれを連歌師の飯尾宗祇に相伝し,以後この系統が古今伝受の正当とみなされ尊重されてゆく。この後,宗祇はこれを三条西実隆,近衛尚通(ひさみち),牡丹花肖柏などに相伝し,ここで古今伝受は三流に分かれる。…

【新撰菟玖波集】より

…室町時代の連歌集。一条冬良(ふゆら),宗祇ほか編。1495年(明応4)成立。…

【専順】より

…応仁の乱で美濃守護代斎藤妙椿(みようちん)を頼り,春楊坊を結庵,その地で没した(戦乱の犠牲か)。晩年には宗祇が師事し,《美濃千句》《表佐(おさ)千句》がある。《新撰菟玖波集(つくばしゆう)》中,心敬,宗砌(そうぜい)についで連歌師では第3位の入集句数。…

【竹林抄】より

…連歌撰集。宗祇編。1476年(文明8)成立。…

【東常縁】より

…代々二条派の歌人であった東家に伝わる歌学を学び,さらに頓阿の流れをくむ尭孝法印に師事して,当時の二条派歌学を集成した。1471年に連歌師宗祇に《古今和歌集》を講釈し,秘説を相伝した。いわゆる古今伝授であり,宗祇が講釈の聞書を整理したのが《古今和歌集両度聞書》である。…

【鼻】より

…これは芥川竜之介の《鼻》の種本の《今昔物語集》や《宇治拾遺物語》の中の禅智内供(ないぐ)または禅珍内供のような長い鼻の場合も同じである。また,嵯峨の野辺に住む僧の鼻が高く醜いのを見た連歌師宗祇は,庵の庭に咲く卯の花(うのはな)に短冊を結んで〈さかばうのはなにきてなけほととぎす〉と詠んだ。これを〈嵯峨坊の鼻に来て鳴け〉と読んだくだんの僧が怒って説明を求めると,宗祇は〈咲かば卯の花に来て鳴け〉だといい逃れたという(《塵塚物語》)。…

【水無瀬三吟百韻】より

…1巻。後鳥羽院の水無瀬の廟に奉納するために,宗祇とその高弟の肖柏宗長を連衆(れんじゆ)として,1488年(長享2)正月22日の院の月忌に山城国山崎で張行された〈賦何人連歌(ふすなにひとれんが)〉の通称。宗祇の発句〈雪ながら山もとかすむ夕かな〉および宗長の挙句〈人をおしなべみちぞただしき〉は,それぞれ《新古今和歌集》所収の院の〈見わたせば山もと霞む水無瀬河夕は秋となに思ひけむ〉(巻一),〈おく山のおどろがしたもふみわけてみちある代ぞと人に知らせむ〉(巻十七)を本歌とする。…

【湯山三吟百韻】より

…〈湯山〉のよみは〈ゆやま〉とも。1491年(延徳3)10月20日,宗祇とその高弟の肖柏宗長を連衆として摂津国湯山(有馬温泉)で張行された〈賦何人連歌(ふすなにひとれんが)〉の通称。発句〈薄雪に木の葉色こき山路かな〉(肖柏),脇句〈岩もとすすき冬やなほみん〉(宗長),第三〈松むしにさそはれそめし宿出でて〉(宗祇)以下100句で,挙句は肖柏の〈一(ひと)むらさめに月ぞいさよふ〉。…

【連歌師】より

…ために,時の貴族界の頂点にいた二条良基に認められ,《菟玖波(つくば)集》の編集,《応安新式》の制定に関与し,連歌界の指導者として重要な位置を占めた。さらに,ほぼ同時代の周阿(しゆうあ)や室町時代初期の梵灯(ぼんとう)庵主らを経て,宗砌(そうぜい),宗祇(そうぎ),宗長,兼載(けんさい),宗碩(そうせき)らが,室町中期から後期にかけて連歌の最盛期を形成した。なかでも宗祇は代表的な連歌師で,低い階層から連歌によって身を立て,ついには北野連歌会所奉行(北野天満宮に設けられた連歌活動を統轄する幕府の機関の長)という指導的位置につくに至った。…

※「宗祇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗祇の関連キーワード岐阜県郡上市八幡町本町伊勢物語肖聞抄猪苗代兼載水無瀬三吟荒木田守武吉備〈町〉牡丹花肖柏二条伝授飯尾宗祇児玉宗棟薗田守晨奈良伝授稲津祇空一条冬良桜井基佐永原永運東胤氏堺伝授故実日与

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗祇の関連情報