コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭儼 ぎょうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭儼 ぎょうげん

?-? 鎌倉時代の絵仏師。
奈良薬師寺蔵の板絵著色神像(重要文化財)の裏面にある朱筆銘によって,永仁(えいにん)3年(1295)にこの神像をえがいたことが知られる。巨勢(こせ)系図にみえる尭尊の子で,一乗院家につかえた民部法眼(ほうげん)尭厳と同一人物と推定されている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尭儼の関連キーワード鎌倉時代絵仏師

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android