コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尭儼 ぎょうげん

1件 の用語解説(尭儼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尭儼 ぎょうげん

?-? 鎌倉時代の絵仏師。
奈良薬師寺蔵の板絵著色神像(重要文化財)の裏面にある朱筆銘によって,永仁(えいにん)3年(1295)にこの神像をえがいたことが知られる。巨勢(こせ)系図にみえる尭尊の子で,一乗院家につかえた民部法眼(ほうげん)尭厳と同一人物と推定されている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

尭儼の関連キーワード定禅神像源次幸守芝尊海宅磨為辰宅磨長賀頼円(2)頼円(3)隆雅(2)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone