尺骨神経(読み)しゃっこつしんけい(英語表記)ulnar nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尺骨神経
しゃっこつしんけい
ulnar nerve

神経叢から出て上内側を通って下行し,前腕内側から手関節に達する神経。走行の途中で尺側手根屈筋,指屈筋の一部に筋枝を出す。また,小指および環指外側への感覚枝を出し,小指球筋,骨間筋,虫様筋の一部,母指球筋に運動枝を出している。そのため,尺骨神経が種々の原因で麻痺すると,以上の支配域に運動麻痺や感覚麻痺が生じる。肘トンネル症候群と呼ばれているものは,遅発性尺骨神経麻痺,尺骨神経の習慣性脱臼絞扼による尺骨神経麻痺などの総称である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android