コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動麻痺 ウンドウマヒ

世界大百科事典 第2版の解説

うんどうまひ【運動麻痺 motor paralysis】

自らの意志によって収縮させることのできる横紋筋は一般に骨格筋と呼ばれるが,この骨格筋を随意的に収縮させることができなくなった状態が運動麻痺である。すべての骨格筋の収縮は脳幹の脳神経運動核および脊髄前角にある下位運動ニューロンの興奮によって営まれ,これらの下位運動ニューロンには,大脳皮質運動野にあるベッツ巨大錐体細胞すなわち上位運動ニューロンからの支配が及んでいる。つまり,われわれの随意的運動は,この大脳皮質運動野にある上位運動ニューロン,その支配を受ける脳幹と脊髄の下位運動ニューロン,そしてその指令により最終的な収縮を営む骨格筋という3段階の構造が協調して作用することによって初めて実現されるのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うんどうまひ【運動麻痺】

筋肉を意識的に動かすことができなくなる症状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の運動麻痺の言及

【運動障害】より

…手足や体幹,顔,眼球,のど,首などの随意的な運動がうまく行えなくなった状態をいう。
[末梢性運動麻痺]
 随意的な運動を営む最終的な効果器官は随意筋,すなわち骨格筋であるが,その収縮は脊髄や脳幹にある運動ニューロンとそれから出る軸索によって支配されている。そこで,この運動ニューロンとそれによって作動する骨格筋からなる単位を最終共通経路final common path wayという。…

※「運動麻痺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

運動麻痺の関連キーワードクロイツフェルト=ヤコブ病クロイツフェルト・ヤコブ病ブラウン・セカール症候群ギラン=バレー症候群ブラウン=セカール一過性脳虚血発作テトロドトキシン一酸化炭素中毒脊髄圧迫症候群多発性神経炎顔面神経麻痺頸部神経根炎江戸わずらい多発性硬化症運動失調症ドミノ移植麻痺・痲痺脳脚症候群神経心理学内包症候群

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android