神経叢(読み)しんけいそう(英語表記)nerve plexus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経叢
しんけいそう
nerve plexus

神経集網ともいう。動物体の末梢神経が分岐し,吻合してつくる網目状構造神経細胞の小集団。脊椎動物の頸,腕,腰仙骨陰部,心臓,腹腔の各神経叢や,腸管壁内にあって腸管平滑筋にいくものなどがある。無脊椎動物ではクラゲの内傘面などにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神経叢【しんけいそう】

脊椎動物の末梢神経がその基部付近または末梢部で分岐したり吻合(ふんごう)したりしてつくる網状構造。神経繊維は互いに独立して走っているので,その間に連絡はない。脊髄神経は基部近くで,頸(けい)神経叢,腕神経叢腰神経叢,仙骨神経叢などをつくる。自律神経は諸種の器官の外周または壁内に発達した神経叢をつくり,その中に神経細胞を含む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいそう【神経叢 nerve plexus】

生物学では神経集網という。末梢神経系において,ニューロン軸索(または神経繊維)がネットワークを形成しているところをいう。無脊椎動物でもクラゲの内傘面などに神経叢がある。ニューロンの軸索は豊富に分枝して他のニューロンの軸索の分枝と交錯するのであるが,それぞれのニューロンに属する軸索の分枝はあくまでもそれぞれ個々のニューロンの一部である。脊椎動物では,肉眼的に見える大きな神経叢としては,頸神経の前枝がつくる頸神経叢や腕神経叢,腰神経の前枝と仙骨神経の前枝がつくる腰仙骨神経叢(腰神経叢と仙骨神経叢)などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいそう【神経叢】

動物体の特定の場所に神経細胞(ニューロン)が小集団をつくっているもの。脊椎動物では、末梢神経繊維が枝分かれしたり集束したりして網目状の形態をつくっている部分。神経集網。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんけい‐そう【神経叢】

〘名〙 末梢(まっしょう)神経が基部付近や末梢部で多数枝分かれして網状の形態をつくっているもの。神経集網。〔五国対照兵語字書(1881)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神経叢の言及

【神経系】より

…しかし棘皮(きよくひ)動物のヒトデやウニでは,体は幼生のとき左右相称で,成体になると放射相称に変わり,神経系は腔腸動物のように放射状,輪状になる。 プラナリアのような扁形動物では,はしご型で左右の索は互いに節状に横に走る繊維で連絡され,また索から末梢へ細い繊維が出て体の表面下に,あるいは消化管の壁に神経叢をつくる。環形動物たとえばミミズでは,腹側の神経索に沿って,各節ごとに細胞の集団つまり神経節が形成される。…

※「神経叢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android