コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尻取遊び しりとりあそび

世界大百科事典 第2版の解説

しりとりあそび【尻取遊び】

前の末尾を,次の句の最初において,ことばをつらねてゆく文字つなぎの遊戯。江戸時代に盛んに行われた。その文句が錦絵として市販されていたのをみても,それがいかに盛んであったかわかる。代表的なものの一部をあげると,〈ぼたんに唐(から)しし竹にとら,とらをふまえて和藤内(わとうない),内藤様はさがりふじ,ふじ見西行(さいぎよう)うしろ向き,むきみはまぐりばかはしら,柱は二階と縁の下下谷(したや)上野の山かつら,桂(かつら)文治は噺家(はなしか)で,でんでん太鼓に笙(しよう)のふえ,……〉というようなものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android