コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊之助(5代目) おのえきくのすけ

知恵蔵miniの解説

尾上菊之助(5代目)

歌舞伎俳優。屋号は音羽屋。本名・寺島和康。1977年8月1日、東京都生まれ。父は歌舞伎俳優の7代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、姉は女優の寺島しのぶ。84年、「絵本牛若丸」の牛若丸で6代目尾上丑之助を名乗り、初舞台。96年に「白浪五人男」の弁天小僧、「春興鏡獅子」の小姓弥生で5代目尾上菊之助を襲名し、以後、女形の大役を次々と務める。2005年、自ら企画し、蜷川幸雄に演出を依頼したシェークスピアの戯曲「十二夜」の歌舞伎版で主役を演じ、09年には同作のロンドン公演を行った。11年、「摂州合邦辻通し狂言で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。13年2月、歌舞伎俳優・中村吉右衛門の四女・波野瓔子との結婚を発表した。

(2013-2-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

尾上菊之助(5代目)の関連キーワード尾上 菊之助(2代目)尾上 梅幸(7代目)市川団十郎(12世)中村 仲蔵(3代目)尾上 辰之助(初代)尾上菊五郎(7代)尾上栄三郎(4代)尾上梅幸(7代)盲長屋梅加賀鳶犬神家の一族巷談宵宮雨残菊物語源義経改め

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android