コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上 おのえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上
おのえ

青森県南部,平川市北西部の旧町域。津軽平野南部にある。 1937年尾上村と金田村が合体して町制。 1955年猿賀村と合体。 2006年平賀町,碇ヶ関村と合体して平川市となった。岩木川右岸にあり,米作とリンゴ栽培がおもな産業であるが,花卉,植木などの園芸農業も普及している。国の名勝に指定されている盛美園,清藤氏書院庭園がある。

尾上
おのえ

兵庫県南部,加古川市播磨灘にのぞむ地区。旧村名。 1950年4町村との合体により加古川市となる。尾上神社,尾上の鐘,尾上ので早くから知られたところ。第2次世界大戦後は尾上神社付近は住宅地,その東部の浜の宮神社付近は公園,その南部の旧陸軍飛行場跡は化学繊維工場となり,変容が著しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

お‐の‐え〔を‐へ〕【尾上】

《「峰(を)の上(うへ)」の意》の高い所。山の頂。
「越えなやみ我が行きとまる夕山の―を月は今ぞ出づなる」〈風雅・旅〉

おのえ【尾上】[地名]

兵庫県加古川市の地名。尾上神社があり、境内の松は、高砂(たかさご)の松、尾上の松、相生(あいおい)の松ともよばれた。[歌枕]
「―なる松の木末はうちなびき浪の声にぞ風もふきける」〈拾遺・雑上〉

おのえ【尾上】[人名]

浄瑠璃加賀見山旧錦絵(かがみやまこきょうのにしきえ)」の登場人物。足利家の中老で、局(つぼね)の岩藤草履打ちの侮辱を受けて自害する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おのえ【尾上】

〔「お」は峰の意。「おのうえ」の転〕
山の上。山の頂上。 「 -の鐘も響くなり/謡曲・高砂」

おのえ【尾上】

姓氏の一。

おのえ【尾上】

人形浄瑠璃「加賀見山旧錦絵こきようのにしきえ」の登場人物。足利家の中老。同家の局つぼね岩藤の奸計を知り、岩藤に草履打ちの侮辱を受けて自害する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾上
おのえ

青森県中南部、南津軽郡、津軽平野の南東端にあった旧町名(尾上町(まち))。現在は平川(ひらかわ)市の北西部を占める地域。1937年(昭和12)尾上村と金田村が合併して町制施行。1955年(昭和30)猿賀(さるか)村と合併。2006年(平成18)、南津軽郡平賀(ひらか)町、碇ヶ関(いかりがせき)村と合併して市制施行、平川市となった。弘南(こうなん)鉄道が通じる。昭和初期に弘南鉄道が開通して以来、弘前(ひろさき)市の商圏に入った。リンゴや米を産し、花卉(かき)栽培や庭木栽培も盛んである。猿賀神社は、蝦夷(えぞ)討伐に赴きこの地で討ち死にした上毛野君田道(かみつけののきみたじ)を祀(まつ)る古社。保食神(うけもちのかみ)も併祀(へいし)され、古くから農業、漁業の神として信仰が厚く、北海道などからも参詣(さんけい)人が集まる。また神社近くの盛美(せいび)園は20世紀初頭の枯山水(かれさんすい)池泉回遊式庭園で面積1万2000平方メートル。国の名勝に指定されている。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尾上の関連キーワード河原崎 国太郎(2代目)長崎県南島原市有家町尾上尾上 栄三郎(8代目)市村羽左衛門(13代)尾上 蟹十郎(3代目)尾上 紋三郎(4代目)坂東 彦三郎(6代目)尾上 菊之丞(1代目)尾上 梅幸(6代目)河原崎国太郎(2代)尾上多賀之丞(初代)藤間勘右衛門(5代)尾上菊五郎(三代目)河原崎国太郎(2世)尾上 菊之丞(初代)尾上 松助(5代目)藤間勘右衛門(4代)尾上多見蔵(初代)市川男女蔵(3代)忠次旅日記・御用篇

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾上の関連情報