随一(読み)ズイイチ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 多数のなかの一つ。
※貞享版沙石集(1283)七「至りて慳貪のふかき故に、十悪の随一、慳貪戒を犯ずるなり」 〔瑜伽論‐二〕
② 転じて、多くあるものの中の第一位。第一番。さきがけ。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)三「其ずい一の武士と世に名を取りしも理(ことはり)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

随一の関連情報