コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村松梢風 むらまつしょうふう

6件 の用語解説(村松梢風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村松梢風
むらまつしょうふう

[生]1889.9.21. 静岡,飯田
[没]1961.2.13. 東京
小説家。本名,義一。新聞記者のかたわら,『琴姫物語』 (1917) が滝田樗陰に認められて情話作者として出発,『正伝清水次郎長』 (26~28) その他の考証的伝記風作品を多く書いた。新派の演目となった『残菊物語』 (37) などの小説も多いが,『本朝画人伝』 (40~43) ,『近世名勝負物語』 (52~61) は克明な人物伝として評価が高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むらまつ‐しょうふう〔‐セウフウ〕【村松梢風】

[1889~1961]小説家。静岡の生まれ。本名、義一。友視(ともみ)の祖父。考証的な人物評伝に独自性を発揮した。作「本朝画人伝」「近世名勝負物語」「残菊物語」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

村松梢風【むらまつしょうふう】

小説家。本名義一。静岡県生れ。小説家村松友視(ともみ)は孫。慶大中退。1917年中央公論》に《琴姫物語》を発表して認められ,中間読物に活躍。実録風の作品が多く,《正伝清水次郎長》《本朝画人伝》《近世名勝負物語》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村松梢風 むらまつ-しょうふう

1889-1961 大正-昭和時代の小説家。
明治22年9月21日生まれ。大正6年「中央公論」に「琴姫物語」を発表,作家生活にはいる。「近世名匠伝」「本朝画人伝」など人物評伝に新境地をひらいた。昭和36年2月13日死去。71歳。静岡県出身。慶応義塾中退。本名は義一。作品はほかに「残菊物語」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

むらまつしょうふう【村松梢風】

1889~1961) 小説家。静岡県生まれ。本名、義一。慶大中退。評伝をよくした。著「本朝画人伝」「近世名勝負物語」「残菊物語」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村松梢風
むらまつしょうふう
(1889―1961)

小説家、随筆家。静岡県生まれ。本名義一。慶応義塾大学理財科、文科を中退、電通の記者となる。1917年(大正6)『琴姫物語』を『中央公論』に発表して作家生活に入った。同誌の「説苑(ぜいえん)」欄(中間読物)に情話物を執筆したのち、26年(大正15)個人雑誌『騒人』を創刊、長編『正伝清水次郎長(しみずじろちょう)』(1926)を連載。多方面にわたる文業のなかで、『近世名匠伝』(1923)、『本朝画人伝』(1940~43)、『近世名勝負物語』(1952~61)などの伝記物の連作は、わが国では不振の伝記文学の分野で作者の独自性が発揮されている。新派の演目として有名な『残菊物語』の原作者でもある。直木賞作家の村松友(ともみ)は孫。[磯貝勝太郎]
『『本朝画人伝』全八冊(中公文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の村松梢風の言及

【残菊物語】より

…4幕8場。村松梢風原作,巌谷慎一脚本。1937年(昭和12)10月東京明治座初演。…

※「村松梢風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

村松梢風の関連キーワード飯田正隆飯田長野県飯田市飯田上長野県飯田市上飯田静岡県周智郡森町飯田静岡県静岡市清水区飯田町静岡県浜松市南区飯田町静岡県浜松市南区下飯田町飯田町新飯田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

村松梢風の関連情報