コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎将司 おざきまさし

百科事典マイペディアの解説

尾崎将司【おざきまさし】

プロゴルファー。その豪快なプレー・スタイルから〈ジャンボ〉の愛称で親しまれる。徳島県生れ。徳島海南高卒。1964年の選抜高校野球大会に出場し,優勝投手となる。翌年西鉄ライオンズへ入団するが,1970年プロゴルファーに転向。
→関連項目杉原輝雄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎将司 おざき-まさし

1947- 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。
昭和22年1月24日生まれ。39年選抜高校野球で徳島海南高のエースとして優勝。翌年西鉄に入団したが,44年ゴルファーとなる。豪快なドライバーショットで「ジャンボ」とよばれる。46年日本プロで初優勝して以来,平成14年の全日空オープンまで通算113勝をあげる。22年世界ゴルフ殿堂入り。弟の健夫,直道もプロゴルファー。徳島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

尾崎 将司


芸名
尾崎 将司

性別
男性

生年月日
1947/01/24

星座
みずがめ座

干支
亥年

出身地
徳島県

身長
181cm

体重
90kg

職種
スポーツ

プロフィール
1970年、プロ野球からプロゴルフに転向後、プロテスト一発合格を成し遂げ、翌91年9月、日本オープンで初優勝を飾るとわずか3カ月の間に5勝も挙げた。ジャンボ尾崎がデビューを果たすと、かつてないパワーゴルフで瞬く間に日本中を席捲した。驚異的な飛距離、甘いマスク、長身、抜群のスタイルを誇るジャンボは、それまでのプロゴルファーとは異次元の実力とカリスマを備え、女性・子供を含めた新たなファン層を惹きつけた。ジャンボは、第二次ゴルフブームを巻き起こし、プロゴルフツアーを巨大なスポーツビジネスへと一気に発展させた。96年のダンロップフェニックスでは、前人未到のプロ通算100勝を達成。ツアー94勝、通算113勝の金字塔を打ち立て、日本の帝王としてゴルフ界に革命を起こした。日本ツアー賞金王招待で、マスターズに通算18回の出場を果たしており、マスターズでの自己最高成績は、8位入賞と功績を挙げている。

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

尾崎将司の関連キーワード永久シード沢木耕太郎生年月日藤田寛之宮本勝昌伊澤利光尾崎健夫石川遼飯合肇林由郎東聡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾崎将司の関連情報