杉原輝雄(読み)すぎはら てるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉原輝雄 すぎはら-てるお

1937-2011 昭和後期-平成時代のプロゴルファー。
昭和12年6月14日生まれ。昭和32年プロ入り。37年日本オープンで初優勝して以来,関西オープン,日本シリーズなど国内54勝。身長162cmと小柄ながら40年余も第一線で活躍,ツアープロのドン,フェアウエー名手といわれた。54年選手会初代会長。平成23年12月28日死去。74歳。27年日本プロゴルフ殿堂入り。大阪府出身。春日丘高中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

杉原輝雄【すぎはらてるお】

プロゴルファー。大阪府出身。1957年にプロ入り。1962年に日本オープンゴルフ選手権で優勝するなど,通算で63勝を挙げ,プロゴルフツアー公認試合に永久的に出場できる永久シード権を獲得した。優勝回数は国内プロとして尾崎将司(まさし),青木功(いさお)に次いで歴代3位。162cm,60kgとスポーツ選手としては小柄であったが,50年以上現役を続けた存在感で〈日本プロゴルフ界のドン〉として親しまれた。そのプレースタイルから〈マムシ〉〈スッポン〉〈グリーンの魔術師〉などの異名もある。1998年に前立腺癌であることを公表したが,〈ゴルフをする時間がなくなる〉と手術を拒否し,投薬治療によってプレーを続けた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉原輝雄の関連情報