コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎忠治 おざき ただはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎忠治 おざき-ただはる

1831-1905 明治時代の司法官。
天保(てんぽう)2年2月2日生まれ。奥宮慥斎(おくのみや-ぞうさい)にまなび,明治3年刑部大解部(ぎょうぶおおいときべ)となる。東京控訴院長,大審院長などをつとめ,23年枢密顧問官。明治38年10月16日死去。75歳。土佐(高知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾崎忠治

没年:明治38.10.16(1905)
生年:天保2.2.2(1831.3.15)
明治前期の司法官。土佐国高知城下(土佐市)で同藩士尾崎源之丞の次男として生まれる。奥宮慥斎の門に学び,明治3(1870)年12月刑部大解部となる。翌年7月司法大解部に転じ,以来司法官として同年10月司法少判事,8年5月長崎上等裁判所長心得,17年12月東京控訴院長,19年8月大審院長などを歴任し,23年8月枢密顧問官。33年5月男爵。

(楠精一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

尾崎忠治の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android