コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾崎忠治 おざき ただはる

2件 の用語解説(尾崎忠治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾崎忠治 おざき-ただはる

1831-1905 明治時代の司法官。
天保(てんぽう)2年2月2日生まれ。奥宮慥斎(おくのみや-ぞうさい)にまなび,明治3年刑部大解部(ぎょうぶおおいときべ)となる。東京控訴院長,大審院長などをつとめ,23年枢密顧問官。明治38年10月16日死去。75歳。土佐(高知県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾崎忠治

没年:明治38.10.16(1905)
生年:天保2.2.2(1831.3.15)
明治前期の司法官。土佐国高知城下(土佐市)で同藩士尾崎源之丞の次男として生まれる。奥宮慥斎の門に学び,明治3(1870)年12月刑部大解部となる。翌年7月司法大解部に転じ,以来司法官として同年10月司法少判事,8年5月長崎上等裁判所長心得,17年12月東京控訴院長,19年8月大審院長などを歴任し,23年8月枢密顧問官。33年5月男爵。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

尾崎忠治の関連キーワードゴローニンメイランペドロ竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府小栗栖香頂尾崎忠治トラップ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone