コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥宮慥斎 おくみやぞうさい

2件 の用語解説(奥宮慥斎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥宮慥斎
おくみやぞうさい

[生]文化8(1811)
[没]1877
江戸時代後期の陽明学派の儒学者。土佐の人。佐藤一斎に学ぶ。弟子に中江兆民がいる。著書『聖学問要』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥宮慥斎 おくのみや-ぞうさい

1811-1877 江戸後期-明治時代の儒者。
文化8年7月4日生まれ。文政12年江戸にでて佐藤一斎にまなぶ。郷里の土佐(高知県)で藩校致道館教授となるが,尊攘(そんじょう)派を援助して処罰される。維新後,高知県大属をへて教部省につとめた。明治10年5月30日死去。67歳。名は正由。字(あざな)は子道。通称は忠次郎,周次郎。別号に晦堂,敬簡斎。著作に「周易私講」「聖学問要」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

奥宮慥斎の関連キーワード石田遊汀(2)岡本保誠昇斎一景杉魁関直吉高橋確斎高橋四夕前野真門村瀬双石礀西涯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone