コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛知(読み)アイチ

大辞林 第三版の解説

あいち【愛知】

〔古名「あゆち」の転〕 中部地方南西部の県。かつての尾張・三河の二国を占める。北東部は美濃三河高原に属し、西から南東に濃尾・岡崎・豊橋平野が並ぶ。南は太平洋に面し、南西の伊勢湾に、知多・渥美半島が突出。県庁所在地、名古屋市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の愛知の言及

【哲学】より

…ソロンにとって,人生上,世間上の知恵とは,神々を畏敬し人間の有限性をわきまえるということであった。次いで前6世紀後半以降,ピタゴラス学派において,〈愛知〉は,名利を離れて知を愛求するという意に深められたようである。 これらの考えを受けて,前5世紀後半のソクラテス,およびその弟子プラトンの段階に至って,ギリシアにおける〈愛知〉の意味はほぼ確定した。…

※「愛知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛知の関連情報