コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾骨痛 びこつつうcoccygodynia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾骨痛
びこつつう
coccygodynia

尾骨端に疼痛のある状態をいう。外傷または分娩後に起り,女性に多い。普通座っていると疼痛が強まり,立ったり歩いたりしているときには疼痛はおさまるか軽くなる。疼痛部の保護,坐位の改善,坐浴,マッサージなどを行い,便通の調整をはかるなどの保存療法で自然になおることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android