コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局所徴験 きょくしょちょうけんLokalzeichen; local sign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

局所徴験
きょくしょちょうけん
Lokalzeichen; local sign

刺激の受容部位に応じて感覚が質的に異なるという考えに基づく局所的な特徴をさす。局所示標ともいう。このような局所的な特徴に応じて,刺激部位の定位が可能になるとする学説を局所徴験説あるいは局所記号説という。 R.H.ロッツェによって提出された学説で,われわれが皮膚の刺激部位を見なくてもそこを定位することができるのは,こうした局所に応じた特異性,すなわち局所徴験があるためとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android