屁負比丘尼(読み)へおいびくに

  • へおいびくに へおひ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 良家の妻女や娘などにつき添って、放屁などの過失の責めを代わりに負った比丘尼。屁負比丘。科負(とがおい)比丘尼。
※玉塵抄(1563)一五「ここらになきあまへをい比丘尼と云やうなことぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android