コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良家 リョウカ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐か〔リヤウ‐〕【良家】

りょうけ(良家)」に同じ。
「富家―の子弟多し」〈逍遥当世書生気質

りょう‐け〔リヤウ‐〕【良家】

身分のある家。現代では、教養があり暮らし向きが水準以上の家庭をいう。りょうか。「良家子女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうか【良家】

りょうけ【良家】

豊かで教養のある家。 「 -の子女」
身分のよい家。家柄のよい家。りょうか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

良家の関連キーワードノイマン(Stanislav Kostka Neumann)新・自虐の詩 ロボット小雪ゴーダ哲学堂 空気人形グランド・ツアーキーセン(妓生)機械仕掛けの愛玉造小町壮衰書オジェシュコバ和子様・若子様科負い比丘尼相良家法度深窓の佳人木村 周平和子・若子御坊さん蒔岡雪子甲良宗広ボルゲン慶留間島自由学校

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良家の関連情報