良家(読み)りょうか

精選版 日本国語大辞典「良家」の解説

りょう‐か リャウ‥【良家】

〘名〙
① 身分のよい家。家柄のよい家。現代では、教養もあり、水準以上のくらしを営む家庭をいう。りょうけ。
※経国集(827)一四・秋月夜〈滋野貞主〉「上郡良家戎津遠、辺庭蕩子塞途窮」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「当大学の学生は、富家良家(リャウカ)の子弟多し」 〔史記‐外戚世家〕
② 清華家(せいがけ)などの上流貴族出身の僧。また、その住持する院家。りょうけ。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇・本「別当并良家僧綱自正面出仕

りょう‐け リャウ‥【良家】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報